独立・開業に向けて、まず何をすべきか? ~HPとブログの重要性~

学習塾経営学習塾経営
スポンサーリンク

 さて、これから独立して学習塾を開業しようと志している皆さん、もしくは既に学習塾を開業している皆さん

悩んでいませんか?
もしくは
悩みませんでしたか?

ゆうき塾長
ゆうき塾長

あ、いや、別に怪しい教材
を売りつけるわけではない
のでご安心ください。

 一体何を??
 それは勿論、開業に向けて

まず手始めに何をするべきか
ということを、です。
 ※ちなみに僕はもの凄く悩みました。

 特に、まだ漠然と独立開業を考えているだけの段階(開業まで3カ月以上期間がある状況)にいる人や、現状維持という甘い誘惑に負けているビミョ~に行動力が足りない人にとっては、何から開業準備を始めればいいのか迷いますよね。

ゆうき塾長
ゆうき塾長

かく言う僕も、ひたすら
ネットで色んな人の開業
ブログを読み漁って、
行動せずに行動している
気分に浸っていました…。

 店舗用のテナント物件を探す?

 確かに、立地は塾の成功を左右する程の超重要事項と言えるでしょう。

 でも、今から場所を決めるのはちょっと早過ぎない?

 もし開業時期が定かではないこの時期から物件を探したとして、仮にイイ物件が見つかったとしても、いざ開業が近づく頃にはもう借りられていて時既に遅し状態になるのがオチじゃないの?

 それに、開業までの間に競合する新しい学習塾ができちゃってたら目も当てられないよ……。

 なんて、そんな声が聞こえてきそうですね。

ゆうき塾長
ゆうき塾長

それでも行動しない
より遥かに良い
とは思いますけど。

 それなら、塾の教育理念や月謝・コースを考える?

 これも非常に大事なことですし、必ず決める必要があることですので、少なくとも早いに越したことはないですよね。

 ただ、そうは言っても一から自分一人で決めるのは大変だからと、ネットの記事を参考にしようと調べてみると

「まずターゲット層を決めよう」
「それよりペルソナを作ろう」
「はじめに近隣の競合他社を調べて相場を知ろう」

などなど、想像していた以上にやるべきことが山積みだということを知り、始める前から出来る気がしなくなって意気消沈。。。

 そんなパターンになることも十分にあり得ます。
 僕はなりました(≡ω≡;;)

 開業の仕方を解説しているサイトとか読んでると
「そもそもペルソナって何? ゲームの話してんじゃねーよ
みたいな、聞き慣れないマーケティング用語が結構でてきますから、尚更やる気が失われていくことに…。

(まぁ最初に手をつけるには少しばかりハードルが高いかもしれませんね)

「じゃあ結論、もう特にやること無し! Q.E.D.」
って、投げやりな感じになりませんか?
 僕はなりました(2回目)

 しかしながら、これまで参考のために全国様々な塾長さん達のブログを読ませて頂いて、とうとう最適解を発見!

 というか、皆さん普通にハッキリと断言されています。

 それは「ホームページまたはブログをつくること」です。

えっ? ホームページや
ブログって、学習塾やる
のにそんなに大事なこと
なの??

なんて思った人もいるのではないでしょうか?
 お察しの通り、僕は思いました( ̄∀ ̄;)

 確かに、学習塾に限らず世の中にはホームページやブログが存在しない店って想像以上に沢山あります。

 僕の地元は控え目に言って田舎だから尚更で、実家付近にある個人経営の飲食店や喫茶店なんかはグーグルで検索してもホームページどころか食べログやクチコミすらヒットしませんでした。

 また、同じく地元には僕が子どもの頃から存在する小さな個人塾があるのですが、それもホームページやブログが全然無くて、ネットだけ見てると正直言ってまだ経営しているのか謎な状態です。

 これって、実際に行ってみたいと思ってお店を検索した人にとっては不安でしかない

 あと、仮に経営していると分かったところで全然やる気を感じられませんよね。

(お問い合わせしたり中に入ったりするのにもメチャクチャ勇気がいりそうですし……)

 そう、ホームページやブログって
「ここに、こういう店が、こんな人によって、こんな風に、ちゃんと今も経営していますよ」
ということを不特定多数の人達に知らせる効果があるんです。

 これってすごく大事なことじゃないですか?

そんなの、開業前にチラシ
配ればいいんじゃないの?

 それもそうなんですが、しかし果たしてそれだけで十分な集客ができますかね?

 一説によると、大手学習塾の折り込みチラシでが問い合わせに繋がる確率は0.03%程しかないらしいですよ。

 ましてや、どこの馬の骨とも知れない個人が開業する塾のチラシでは集客力なんて皆無と言っていいです。

 実際、僕も開業する際に新規開校チラシを新聞折り込みで2回、計6,000部以上配りましたが、その後の問い合わせが4件、そして入会まで繋がったのはたった2名でした。

ゆうき塾長
ゆうき塾長

その2名の方々には
ホント感謝の念に
堪えません…!

(都会の方にとっては6,000部って少ないように思いますよね。それでも、僕の地元では町全体を配布対象にしても2,400部ほどだったので…)

 ということは
チラシの枚数に対して問い合わせに繋がる確率は約0.06%
入塾に繋がる確率は――

 約0.03%!!

 前述の一説、まさか大手だけでなく零細個人塾の場合にもドンピシャで当てはまるとは……。

 何ていうか、もう
フツーに考えて絶望
ですよね。

 とまあ、改めて結論を言うとホームページやブログは開業から3カ月以上前からでも実行できる(というかするべき)広告・宣伝の基本だということです。

 次回の記事では、僕が実際にホームページやブログを作成するために何をしたのかを書いていこうと思います。

 それでは、どうか乞うご期待☆

 P.S.余談ですが、前述した僕の地元にある個人塾、聞くところによるとまだ営業してるみたいなんですよ。

 それどころか
僕の塾よりずっと多くの生徒がいる
みたいです。

ゆうき塾長
ゆうき塾長

正直マジふざけんなって
思いました。いやはや、
マジスゴイデスヨネー。

学習塾経営
スポンサーリンク
ブログランキングに参加しております。クリックのご協力お願い致します(_ _)

にほんブログ村 教育ブログへ  

よろしければシェアをお願い致します♪
ゆうき塾長をフォローする
個人塾経営者の教育・雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました